比較的効率よく乗り物に乗る方法!【maaai・30代】

まず、右側から周るか左側から周るかを決めます。
そして、真っ先にファストパスを発券し、乗れる時間がくるまで近くの乗り物に並んで乗ります。
乗り終える頃には次の乗り物のファストパスが発券できるようになっていますので、次の発券場所へ行きます。
入場者数が増えるに連れファストパスを使って、乗り物に乗れる時間が遅くなりますが、同時に並んで乗る方も待ち時間が長くなりますので、損することはないと思います。
思いの外やりがちなのが、「そんなに待ち時間長くないかな?」と、ファストパスを使わず並んで乗ってしまうというミスです。
そうすると、乗り終わって出てきたころには、他の乗り物のファストパスがもう終了してる~ということもあるので、ファストパスを発券することを優先しておいた方が、効率よく乗り物に乗れると思います。
ファストパスの待ち時間が意外と短いな、というときは、ご飯を食べて休憩したり、激混みするお土産やさんへ先に行ったりするともっと時間の無駄がなく、園内を満喫できると思います。
そして、悩む人が多いのがパレードを観るか、その間に乗り物に乗るか。だと思います。
「絶対パレード!」もしくは「絶対乗り物!」と決まっていればいいですが、どちらでもいいから時間を有効に使いたいと言う人におすすめなのが、パレードの時間帯はトゥーンタウンで遊ぶという手です。
トゥーンタウンはパレードの最終地点なので、ここにいれば、遊びながらパレードも観れます。
またに一石二鳥です。
ディズニーランドへ行く方は、最初から最後まで目一杯楽しんでくださいね!
リゼクリニックの脱毛予約はここから

比較的効率よく乗り物に乗る方法!【maaai・30代】

写真+@の思い出作り【にゃんちゅう・20代】

私がTDRに遊びに行った時に最も力を入れるのは、キャラクターとのグリーティングです。雨の日、晴れの日、その季節や時間帯、エリアによって、登場するキャラクターや服装などが変わります。
 そういった楽しみはもちろんですが、私は彼らに会う時にカメラの他に、手帳を持参します。キャラクターたちにはそれぞれオリジナルのサインがあるので、それを収集するのが私のTDRでの楽しみでもあります。ミッキーやミニーなどの動物のキャラクターは話せませんが、プリンセスなどの人間のキャラクターは、時々「What’s your name?」と尋ねてくれ、私の名前を入れたサインをプレゼントしてくれたりもします。
 また、違う日にちに会うと、同じキャラクターも、サインの書き方が少し違っていたり、何年か越しに会えたキャラクターは、全くデザインの子もいました。
 サインをお願いすることで、キャラクターに話しかけるチャンスが生まれ、そこからコミュニケーションを取ることができるのも、メリットとして挙げられます。しかし、持っていく手帳のサイズによって、キャラクターによっては、「もう少し大きな紙を持ってきて」と言われてしまうことがあるので、注意が必要です。(ちなみに私はこの時、ジェスチャーで言われました)  キャラクターと触れ合える貴重なグリーティングの時間に、サインをもらうことで、写真だけでなく、形として手元に残り、今と昔で異なる部分を比較できたりするので、サインをもらうことは、TDRをより楽しめる一つの要素だと思います。
 私もこれからも全キャラクターのサインをもらうことを目標にがんばっていきたいと思いますので、興味を持たれた方は、ぜひ一度試してみてください。ソシエに予約しようか迷っている人はこちら

写真+@の思い出作り【にゃんちゅう・20代】

お掃除のキャストに要注目!路面にあのキャラクターが突然現れるかも!?【るる・30代】

皆大好き!東京ディズニーリゾート。
ディズニーリゾートで働く方々は、いつでも笑顔でとっても爽やかです。
そんなキャストの方々は、ある特殊なパフォーマンスを見せてくれることがあります。
よく見かけることの多い、お掃除のキャスト。
普通のホウキよりも少し細目のホウキを持っているキャストがいたら、要注目です。
そのホウキをペン代わりに、地面にディズニーのキャラクターを描いてくれることがあります。
これは簡単そうで、なかなか難しいと思いますが、キャストはパパっと描いて笑顔で次のお掃除に向かいます。
必ずしも描いてくれるわけではないのですが、もしも見かけたらチャンスです。
ちなみにキャストが最後の一筆をゲストに書いてもらうように促してくれるのですが、これが意外と倍率が高くてなかなか当たることができません。
しかしよく見てみると、恥ずかしがってしまう子供よりも、SNS効果のためか大人の方が参加率が高いように見受けれます。
参加できればラッキーですが、もしもその場に遭遇することができなかったとしても、さっと書いたようには見えないクオリティのキャラクターが、地面にほんの一瞬だけ登場したらまさしくシャッターチャンス。
あっという間にキャラクターは消えてしまいますので、その描かれた路面を発見できただけでもレアな体験です。
またパントマイムのように、あるはずのない窓掃除をしているキャストもいます。
これはちょっと足をとめて、最後まで見いってしまうパフォーマンスです。
まるでちょっとしたショーのようで楽しいです。
アトラクションの待ち時間中など、ゲストを退屈させないためのキャストのおもてなしなのでしょう。
ほんの数分のパフォーマンスなのですが、それぞれとても素晴らしく、一見の価値のあり。
ディズニーリゾートへ行った時は、キャストたちにもぜひ注目してみてください。http://www.mizo-buchi.com/

お掃除のキャストに要注目!路面にあのキャラクターが突然現れるかも!?【るる・30代】

パーク内を歩くのがしんどい、待てないと思う人の楽しみ方【wow・20代】

東京ディズニーランドと言えばどの世代でも楽しむことができる夢の世界ですよね。
私もよく小さい頃から家族で行った記憶があります。
大人になっても家族で行くくらい家族みんなが東京ディズニーランドが大好きなんです。
しかし月日が流れるにつれ、両親はパーク内を歩くことが大変になってきました。
いつもアトラクションを乗っていたのですが、
ある日「今日はいいや」と言ってくることがありました。
これは歩くことがしんどい!並ぶのもいやだという人のためのパークの周り方を考えねばと思いました。
そこで私が提案したのが、ゆったりするディズニーの楽しみ方です。
パーク内のレストランでショーがみれお土産をもらえるものがあります。
私がおすすめなのはトイストーリーのショーが見れるレストランです。
自分で席を選ぶことができるのも嬉しいポイントです。
ここならば事前に予約しておけば並ばずとも大好きなキャラクターと会うことができます。
また事前予約を忘れていたとしても当日でも予約OKなレストランがあるので、
そこが狙い目です。
和食のお店があるのも嬉しいポイントです。
ご飯を食べた後はまったりとパーク内を散策してみましょう。
お散歩感覚で隠れミッキーを探してみても楽しいのではないのでしょうか。
そしてすいているアトラクションがあれば、行ってみるのもいいでしょう。
エピレ予約

パーク内を歩くのがしんどい、待てないと思う人の楽しみ方【wow・20代】

上手に休息しながらTDRを終日楽しもう!【ももちゃん・40代】

2016年10月に主人と4歳の娘と3人で行きました。
前日はディズニーセレブレーションホテルに宿泊し、TDL開園前に大きな荷物はゲート外のロッカーに入れて30分程並んで入園。まず主人と娘のチケットを預かり私は『プーさんのハニーハント』のファストパスを取りに競歩選手並みのスピードで向かいました。その間に主人と娘には『ダンボ』に乗っていて貰いました。『ダンボ』は特別魅力的ではないけれども小さい子供が絶対に乗りたがるので、並ばずに乗れるときに乗ると良いですよ。『ハニーハント』のファストパスを無事のゲットしてダンボに向かうと既に乗り終えた二人と合流。
その後は『It’s a small world』『バズライトイヤー』『ジャングルクルーズ』『アリスのティーカップ』『モンスターズインク』など意外とスムーズに乗れました。
そしてパレードの1時間前に敷物を広げても良いと言われたらシートを広げてポップコーンやハンバーガーを買ってきてお食事と休憩時間。この1時間の待ち時間が良い休息になりました。折り畳みの椅子(100円ショップで300円で売られているイス)も持参したので待ち時間も意外と楽でした。このおかげで夜のパレードまで元気に見て帰ることが出来ました。
10月とは言っても気温は高いですし乾燥しているので水分補給はとにかく小まめに摂りました。
保冷剤と固く絞った濡れタオルを保冷バッグに入れておくと顔や身体を拭くのにひんやりとして気持ちが良いですよ!そして足元は暑くてもサンダルではなく靴下を履いてスニーカーやウォーキングシューズがお勧めです。ほぼ一日中立ちっぱなし&歩き通しなので歩き易いのが一番です。
夢の国をたっぷり堪能出来るように水分補給・休息をしっかり取り入れながら楽しみましょうね!
痩身エステを比較したい方はこちら

上手に休息しながらTDRを終日楽しもう!【ももちゃん・40代】

大人も楽しめる!乳幼児とディズニー!【yuri・30代】

ディズニーランドといえば、子供から大人まで誰もが楽しめるテーマパークですよね!!筆者も大のディズニー好きかつアトラクション大好きで、特に3大マウンテンなどの絶叫系は制覇しないと気が済まないタイプです。
しかし現在、3歳と1歳の子持ち。1歳乳幼児は1人で座っていられないため、家族4人で乗れるアトラクションは限られてしまうのです。
そこで生まれる葛藤…
絶叫系も乗りたい、でも子供は乗れない、ならば夫婦で交代で?いやいや1人ずつこの行列を並んでたら時間なくなるでしょ、でもせっかく来たんだし乗らないと帰れないよ…

朗報です!こんな悶々とする筆者を救うサービス、なんとあるんです!
それは、「アトラクション交代利用」という制度です。
こちらを利用すると、待ち時間を大幅に短縮して、夫婦2人共アトラクション楽しめます。
例えば我が家でいえば先にパパに普通に並んで乗ってきてもらいます。その間ママと子供たちはパーク内を自由に散策。乗り終わったパパが帰ってきたら次はママが乗りますが、その時、並ばずにすぐ乗れる!というものなんです。

利用方法ですが、アトラクション入口のキャストの方に、交代で利用したいことを伝えるだけです。するとキャストの方から名前と人数をメモしたカードを渡されます(後から乗る人の名前と乗車合計人数を聞かれます)。後から乗る人はそのカードを持って専用の入口に行けば、すぐ乗れるという仕組みです。

これで乳幼児連れの大人でも、我慢することなくアトラクションを楽しめますよー!津田沼脱毛についてもっと知りたい方はこちら

大人も楽しめる!乳幼児とディズニー!【yuri・30代】

ハロウィンの仮装は家族でするのがおすすめ【my・40代】

昨年、家族で初めてディズニーランドへ行きました。初めてなのに、ハロウィンの仮装期間をねらって家族4人でミッキー、ミニー、ドナルド、デイジーに扮してインパしました。

主人がミッキー、娘がミニー、息子がドナルド、そして私はデイジー(笑)。年甲斐もなくデイジーの仮装ではずかしさもありますが、ハロウィン時期の仮装はみんなすごいです!なので、恥ずかしいなんて気持ちもありません。

ただ、ふと気づいたのですが、仮装しているのはだいたい子供か、若いカップル、若いグループが多く、家族連れの場合はパパ、ママは仮装している人はほとんどいないのです。小さい子向けの「スーパードゥーパー・ジャンピンタイム」の会場にファミリーが集結する中、パパ、ママが仮装しているのは我が家だけ・・・そこではかなり目立ちました。

特に、家族そろっての仮装してきた甲斐があったのは、ショーレストラン「ザ・ダイヤモンドホースシュー」でのことです。予約がなんとかとれた席は1階席のB席。S席、A席は正面ですが、B席は会場の隅で、正面から見ることはできません。しかし、家族で仮装をしているのと、席が端ということもあったのか、ミッキー、ミニー、ドナルドがそれぞれ席まで来てくれたのです!

家族4人で仮装していって、本当に良かった!と、このときばかりは感激でした。家族で仮装していくの、おすすめですよ。
ブライダルエステを調べている方はこちら

ハロウィンの仮装は家族でするのがおすすめ【my・40代】

効率よく楽しむ方法【のんべー・20代】

私は千葉県民であり、約20分足らずでディズニーの夢の世界に行くことができる。そのため、私は幼いころからTDLは毎年最低でも2回は訪れている。
昔は開園前に並んで、開園と同時に狙いのアトラクションまでダッシュしたものだ。スプラッシュマウンテン・ビッグサンダーマウンテン・スペースマウンテン、こちらの3アトラクションは並ぶのが必須だが、ファストパスが普及したおかげで並ばずに乗ることができるようになった。ファストパスがなくても、夜のパレードの間や、閉園間近の21時代は比較的並ばずに乗ることができオススメだ。
ディズニーに行くときは、なるべく荷物を持たないで行くほうがよい。重たい財布はやめ、コインケースのような軽い財布にお金だけ詰めていく。あとは携帯とハンカチがあれば十分楽しめる。
ポップコーンを買うときは、家からポップコーンケースを持参してお代わり500円で満タンにしてもらう。ポップコーンも色々な種類が出ている。中でもオススメしたいのは、蜂蜜味のハニーポップコーンだ。こちらはディズニーランド内限定のものだからだ。
ディズニー内に自販機がいくつか置いてあるが、お茶やお水はディズニーオリジナルのパッケージになっており、とても可愛い。
お土産を購入する時間帯だが、20時以降はワールドバザールのお土産店はどこも混み合うため、その前に購入するほうが良いだろう。http://yasepuro.com/

効率よく楽しむ方法【のんべー・20代】